浩友会・後援会総会が開催されました。

2月23日(日) 地域交流センター屋内広場において、平成26年度浩友会・後援会総会が360名を超す多くの方々のご

参加いただき開催され、26年度運動方針についても満場一致で採択されました。

開会挨拶に続き、浩友会会長代行横山高氏の挨拶に続き、来賓挨拶を新発田市長二階堂馨氏をはじめ、黒岩たかひろ氏・風間

氏秘書・連合新潟斎藤敏明氏・市議会議員稲垣富士雄氏・聖籠町町議五十嵐利栄氏・トッキー社長加藤順一氏・JR東労組

からいただきました。

続いて来賓紹介として21名の方々の紹介があり、祝電とメッセージを新潟県知事泉田裕彦氏・新潟市長篠田昭氏・聖籠町長

邊廣吉氏・市議会議員入倉直作氏からの紹介がありました。

総会議事に先立ち、議長に渡辺隆喜氏を選出し議事進行開始し、事務局から25年度経過報告・会計報告・会計監査報告・26年度運動方針提起・役員体制報告が提起され、

疑応答に入りましたが、満場一致で承認されました。

佐藤浩雄の県政報告と、これからの県政への課題解決に向けた議会活動を継続していく旨の決意報告を述べ、皆様へのご協力をお願いして謝辞を述べました。

議長解任と、荒井副会長の閉会挨拶で休憩タイムに入りました。

若干の遅れがありましたが懇親会に入り、乾杯の音頭を元県会議員中川三七氏のご発声で開始されましたが、久しぶりの中川節を聞いて懐かしくお聞きになった方も多くいま

た。






コメント

コメントする