県議会報告2017 だいすきしばた・せいろう

議会報告だいすきしばた・せいろう(平成28年度議会報告)ができました。

ご一読の上、率直なご意見をいただければ幸いです。

議会報告2017 ← クリックしてください。

 

 

県議会報告2016 だいすきしばた・せいろう

県議会報告2016ができました。

是非ご一読いただき、率直なご意見をいただければ幸いです。

議会報告2016 ← こちらをクリックしてください。

県議会報告2015 だいすきしばた・せいろう

県議会報告2015

県議会報告が出来上がりました。

近々に皆様のお宅にお届けいたします。

 

議会報告2015をクリックしてください。

新発田ゲートボール同好者交流会が開催されました。

9月6日(土)晴天のカルチャーセンターにおいて、恒例の新発田ゲートボール同好者交流会が開催されました。
参加10チームでの参加で、今年の優勝チームは「東新スバル」が得点78点で優勝しました。
準優勝は「東新倶楽部」72点、第3位は「石津クラブ」53点でした。
東新すばるチーム                                              東新倶楽                                                        石津倶楽部
総合成績はこちらをクリックしてください。

浩友会・後援会総会が開催されました。

2月23日(日) 地域交流センター屋内広場において、平成26年度浩友会・後援会総会が360名を超す多くの方々のご

参加いただき開催され、26年度運動方針についても満場一致で採択されました。

開会挨拶に続き、浩友会会長代行横山高氏の挨拶に続き、来賓挨拶を新発田市長二階堂馨氏をはじめ、黒岩たかひろ氏・風間

氏秘書・連合新潟斎藤敏明氏・市議会議員稲垣富士雄氏・聖籠町町議五十嵐利栄氏・トッキー社長加藤順一氏・JR東労組

からいただきました。

続いて来賓紹介として21名の方々の紹介があり、祝電とメッセージを新潟県知事泉田裕彦氏・新潟市長篠田昭氏・聖籠町長

邊廣吉氏・市議会議員入倉直作氏からの紹介がありました。

総会議事に先立ち、議長に渡辺隆喜氏を選出し議事進行開始し、事務局から25年度経過報告・会計報告・会計監査報告・26年度運動方針提起・役員体制報告が提起され、

疑応答に入りましたが、満場一致で承認されました。

佐藤浩雄の県政報告と、これからの県政への課題解決に向けた議会活動を継続していく旨の決意報告を述べ、皆様へのご協力をお願いして謝辞を述べました。

議長解任と、荒井副会長の閉会挨拶で休憩タイムに入りました。

若干の遅れがありましたが懇親会に入り、乾杯の音頭を元県会議員中川三七氏のご発声で開始されましたが、久しぶりの中川節を聞いて懐かしくお聞きになった方も多くいま

た。






県議会報告2013

 

県議会議会報告が出来上がりました。

近々に皆様のお宅にお届けいたします。

 

 

議会報告2013 をクリックしてください。

 

 

県議会報告2012 

大好きしばた・せいろう(県議会報告2012春)
県議会報告

平成22年春号


「あやめとバランス風吹くな」 ラジオ体操80周年記念写真コンクールで奨励賞を受賞
2008.6.24 佐藤ひろお撮影

平成22年春号の主な内容
◆座談会
◆後援会旅行の記録
◆佐藤県議の活動記録

新潟県・新発田市・聖籠町の発展と住民の幸せのために全力を尽くします。

昨年は皆様の黒岩たかひろ衆議院議員への熱烈なご支援により圧勝することが出来ました。私もおかげ様で幹事長の任務を果たすことが出来感謝申し上げます。
長かった自民党政治により崩壊した医療・福祉・年金を再建し、私が県議会で取り組んできた教育の無償化の実現と農家の戸別所得制度を確立し、皆様の生活を守り地域の発展に全力を尽くします。
今年は参議院議員選挙と聖籠町長選挙・新発田市長選挙があり、いずれも聖籠町と新発田市の将来を決める重要な選挙です。私も先頭で闘います。皆様の変わらぬご指導・ご支援をお願い申し上げます。新潟県会議員 佐藤ひろお

これからの行動
民主党政権が誕生してから早いもので数ヶ月が経過しております。この間に私達が知らされていなかった事が本当に多く暴かれて来ております。民主党も初めての政権担当ということでもあり不安もありますが、それでも徐々に公約に沿った政治が見えて来ています。
私は弱い立場に位置する老人でもあり時代 遅れ的な人間です。そんな人達が今後暮らして行く世の中はゆっくりゆっくり政治が改善されて行く事こそ、安心出来る社会ではないでしょうか、今年は皆さん ご承知のように参議院選・市長選と目白押しです。佐藤ひろお県議も来春には四期目の選挙を迎える事になりますが、どうか皆様の変わらぬご支援を宜しくお願 い致します。浩友会会長代行 横山 高

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成20年秋号


酒をつくる会でみんなで酒米五百万石を植える

平成20年秋号の主な内容
◆座談会
◆座談会・議会傍聴記・浩友会
◆皆さんと一緒に 佐藤ひろお・えみの会
◆2007年後援会旅行の記念写真

民主主義と県民生活農業・農村を守るために全力をつくします。
介護保険の改悪や増税に続き、高齢者いじめの後期高齢者医療制度が始まりました。消えた年金の調査は進まず、さらに膨大な誤った年金があることが明らかになっております。また、食糧・ガソリンの相次ぐ値上げで県民は悲鳴を上げており、格差はどんどん広がっています。その原因のすべては自民党政治にあります。今度こそ政権交代で農業・農村を守り、私たちの健康と生活を守り、安心して暮らせる政治と社会を作りましょう。佐藤ひろおはその先頭で戦います。皆様の変わらぬご指導・ご支援をお願いします。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

安心の未来を
「誰でもよかった。」などと、無差別に人を刺した者たちが嘯く国に、私たちの日本はいつ成り下がったのでしょうか。二十年前までは「日本は世界一安全な国」であったはずです。敬和大学の初代学長 北垣宗治先生が、夏休みになってもアメリカへ帰ろうとしない教授の例を紹介された社会福祉講座のひとコマが、まだこの耳の底に残っています。佐藤ひろおさんは県議会議員として充実の三期目を驀進しておられます。さながら、かつて天職とされたあのSLのようなお姿を私たちは心から応援し期待しております。佐藤ひろおさん、これからも明るく力強く地域住民の先頭に立たれて、私たちが安心して暮らせる未来をつくるため、ご活躍されるよう応援いたします。
佐藤ひろお後援会女性部代表 小川シヤ子

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成19年秋号

日頃のご支援に感謝し、新発田市・聖籠町の発展と人にやさしい県政実現のために全力を尽くします。
県議会議員選挙では、皆様から絶大なご支援・ご支持をいただきました。お陰様で三期連続のトップ当選を果たすことができました。 心より御礼申し上げます。
その後県議会では、私たち無所属の会を会派として認めないという全く理不尽な攻撃を自民党より受けておりますが、 正々堂々と活動を進めております。また白新・羽越本線の高速化検討委員会に結論がでましたので、 早期実現と新発田駅のバリアフリー化・橋上化、聖籠町の東港港湾機能強化や空港乗り入れ等、 新発田市・聖籠町の発展に全力を尽くす決意です。
皆様のご多幸をお祈り申し上げますとともに変わらぬご指導ご支援を心よりお願い申し上げます。

おせわになりました
今春の県議選では、多くの方々から大変なお世話を頂き、佐藤ひろおは、三期目の県議活動を続けることが出来ました。
これからは、皆様との約束を忠実に進めていくことが、受けたお世話への恩返しになろうかと思っています。
どうぞ今後ともの叱咤、激励を宜しくお願いいたします。
佐藤ひろお後援会長 西 鉄幹

平成19年秋号の主な内容
◆県議選をふりかえって
◆座談会
◆後援会旅行のご案内

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成19年春号外

平成19年春号外の主な内容

◆表紙:佐藤ひろお挨拶
◆座談会:駅の「バリアフリー化」「東西自由通路・橋上駅化」の建設費の半分は国・JR負担!
◆駅「バリアフリー化」「東西自由通路・橋上化」建設費の内訳と返済計画案

pdf 平成19年春号外PDFはこちら

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成18年秋号


県への引渡しも終わり開院準備に追われる県立新発田病院

日頃のご支援に感謝し、新潟県・新発田市の発展に全力で頑張ります
この度は、新発田駅のバリエフリー化・橋上化が決定されました。また、新幹線、白新・羽越本線対面乗り換えホームの調査費も予算化され、北陸新幹線開通前に白新・羽越本線高速化実現の展望を切り開いて参りました。両事業とも私の第3期目の重要な任務となりました。
完成に向けて全身全霊で頑張りますので、一層のご支援を宜しくお願い申し上げます。また、多くの皆様から紙面へのご協力を頂き感謝しております。ご一読の上、更に忌憚のないご意見をいただければ幸いです。
皆様の御健勝を心よりお祈り申し上げます。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

佐藤ひろお後援会長 西 鉄幹
久しぶりに、この欄を担当させていただきます。
皆様には、お元気でお暮らしのこととお慶び申し上げます。
ひろお君へ
ひろお君の豊富な知識は努力によって裏打ちされています。ひろお君は、その持っている知識を100%出し切っていくタイプです。それがあなたの良さであ りますが、本人はもちろん周囲の方々も大変なのではないでしょうか。最大の努力を続けることは大切です。しかし、少し余裕を持って活動された方が、より、 立派な成果が得られるのかと思っています。
皆様には、今後ともひろお君を見守っていただけるようお願いいたします。

平成18年秋号の主な内容
◆座談会『JR新発田駅橋上化決まる!』
◆人間”佐藤ひろおさん”の魅力 石井 吉男さん
◆各地域からの声”ひろさん頑張れ!”
◆ひろおの活動報告
◆恒例の後援会活動
◆県立新発田高校基本設計 出来上がる
◆ご協力ありがとうございました

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成18年春号


泉田知事に姉歯建築士構造計算書偽装事件とトキメッセ連絡橋落下事件を質問する

ご支援に感謝し県民の生活と健康を守るため全力を尽くします。
昨年は、介護保険の改悪で食事代や部屋代が自己負担となり、今年は、医療制度の改悪により更に高齢者負担が激増します。また定率減税の廃止で最大25万円の増税となり、たばこ税・酒税も値上げされます。政府自民党の赤字国債の大量発行による、国・地方の財政破綻は、お年寄りやサラリーマンの生活を直撃します。私は県民の生活と健康を守るために頑張ります。また、私が全力で取り組んでいた朱鷺メッセ連絡橋落下事件は、泉田知事が「県が構造計算書なし・安全確認なしで計画通知を行ったことは、建築行政を執行する県に大いに問題があった」と答弁し、県に重大な責任があることが明確となりました。今年は更に真相究明を進め、県民の命と財産を守るために全力を尽くします。
皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げますと共に、一層のご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

真面目な活動を続ける佐藤ひろお県議を応援しましょう
昨年は本当に色々な事が起こりました。郵政民営化に総選挙結果から生じた小泉政権のおごりから来る弱い者苛め、高齢 者・医療障害者・介護保険等の負担増等、枚挙に遑がありません。皆さんもご承知のように、この裏には軍拡がどんどん進められているのは間違いのない事実か と思います。誰もが、急に世の中が変わるとはあまり考えたくはありませんが、改悪へ猛スピードで進んでいると思う一人です。
そんな中で、我が浩友会の佐藤ひろお県議が一人まじめに難問題に立ち向かっています。その真面目な活動は頭が下がる思いです。みんなで、真面目なひろおさんを応援していきましょう。
浩友会顧問 横山 高

平成18年春号の主な内容
◆座談会『朱鷺メッセ連絡橋落下事故 知事県の責任を認める』
◆障害者自立支援法について
◆県議会傍聴記 小池 進治さん
◆ひろおの活動報告
◆佐藤ひろお後援会旅行 〜紅葉の上田と無言館を訪ねての旅〜

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成17年秋号


初代女性県議 寺尾愛さんを囲む現役女性県議(松川キヌヨ、宮原典子、中川カヨ子)

日頃のご支援に感謝し新新発田市の発展に全力で頑張ります
私は、県民生活向上と県経済の発展のために、多くの課題に取り組んでまいりました。中でも、九年後の北陸新幹線の 開業によって懸念される上越新幹線のローカル化の県経済への影響を度々取り上げてきました。昨年の中越大地震で上越新幹線が脱線した時「新幹線が止まった 今の状態が北陸新幹線開通時の状態である」と警鐘を打ち鳴らしたところ、一挙に関係者に危機感が浸透し、「上越新幹線活性化同盟会」が動き出し、新潟駅連 続立体交差化事業も決定しました。
西新発田駅周辺整備等も活発化しており、県立新発田病院やリュウマチセンターへの利便性の向上と月岡温泉をはじめとする新 新発田市の観光や経済の発展、ひいては県北の一層の発展のために白新線・羽越本線高速化・上越新幹線空港乗り入れの実現に全力を尽します。
皆様のご健勝をお祈り申し上げますと共に、皆様の一層のご支援をお願いいたします。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

ひろおさん がんばれ
数日前、久しぶりに佐藤県議さんが訪ねて来られました。佐藤さんのお家と私の家はすぐお隣で、昔からお親しくして頂いて居ります。お目にかかりまして大変立派になられました事うれしく存じました。
よく勉強され、よくお働きになり、いつも笑顔をたやさない努力家です。
今は世界も日本も大変な時代の変動期と思います。私共の故郷、新潟県も大変な事と思います。
佐藤さん、お体を大切にしてがんばってください。政治屋でなく、政治家としての佐藤さんを力にして居ります。
元県議会議員 寺尾 愛

平成17年秋号の主な内容
◆座談会『新潟駅連続立体交差化事業着手決定!さあ今度は…』
◆佐藤ひろおさんとラジオ体操会
◆ひろおの活動報告
◆ひろおさんと行こう! 紅葉の信州上田の旅

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成17年春号


泉田新知事に中越地震対策・財政問題・新潟駅連結立体交差事業の早期着手を質問する

元気だそう新潟頑張りましょう!
昨年は異常気象による不作、水害、そして中越地震と県民にとって多難な年でした。私も水害と地震発生以後は不眠不休の毎日でした。
12月議会には災害復旧補正予算を組み、その財源として基金取り崩しと起債を行った結果、使える基金は完全に払底しました。このまま対策を講じなければ 平成18年度で財政再建団体に転落する可能性が大です。県民の命と財産を守るために財政があるのに、財政危機のために十分な災害復旧事業もできず、大増税 が始まり、如何に財政規律が大切か災害によって教えられるという重大な事態となりました。しかしこうした危機の中であればこそ私たちは元気を出して前に進 まなければなりません。今年も皆様と一緒に生活を守るために頑張って行く決意です。
皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げますと共に、一層のご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

みんなで佐藤ひろお県議を応援しましょう
私は、敗戦後シベリヤに抑留され生死をさまよい、戦争が如何に非人間的な犯罪行為であり、平和が如何に大切か身をもって体験した。
最近、平和憲法を改悪する動きや、アメリカの言いなりになってイラクへ自衛隊の派遣を延長する政府の動きを見ていると心配でならない。そんな中でいつも 佐藤ひろお県議の平和を守るために頑張っている姿を見ると頭の下がる思いである。寄る年波から足腰も弱り、十分な応援ができないのが残念でならない。
平和を守り続けるために、佐藤ひろお県議を応援してください。私も力の限り応援させていただきます。
浩友会 会長 川崎長之助

平成17年春号の主な内容
◆座談会『財政再建団体の危機!実質的な赤字県債の増発必至』
◆佐藤ひろおさんの活躍に期待する! 無所属の会 代表 松川 キヌヨさん
◆ひろおの活動報告
◆佐藤ひろお後援会旅行 〜寺尾温泉と五箇山の旅〜

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成16年夏号


甦る三階櫓

ご支援に感謝し全力で頑張ります
参議院議員選挙では、佐藤ひろお後援会が推薦した、近藤正道・渡辺秀央氏が当選しました。ご支援していただいた皆様に心より御礼申し上げます。
この選挙を通じて、小泉改革や、欠陥だらけの年金法、憲法違反のイラクでの自衛隊の多国籍軍への参加に対し、明確にノーの態度を明らかにしました。しか し残念ながら破綻の危機にある国・地方財政や地方分権の問題は争点化しませんでした。次期知事には、財政規律と財政健全化が求められます。
皆様のご健勝をお祈り申し上げますと共に、皆様の一層のご支援をお願いいたします。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

身近なところから
今回、西新発田高校定時制の募集停止には愕然といたしました。定員を上回る入学希望者がおり、存続は1万2千余名 の署名による新発田市民の強い要望だっただけに残念でなりません。自民党の圧倒的多数の中で、ひろおさんが県議会で20名もの議員から賛同を得たことは大 きな成果でした。このように、これからもひろおさんには私たちの身近な問題を取り上げていただきたいと思います。
私たちは日常、何かおかしいと気付く事が多くあります。どんな小さな事であっても、女性としての眼から、しっかりそれらを見つめて行きたいものです。私 たちの情報交換や学習の広場としてこの会報を役立て、皆で学び合う環境を作り、本会が益々発展していく事を心から願っております。
佐藤ひろお連合後援会 女性部会長 小川 シヤ子

平成16年夏号の主な内容
◆座談会『次期知事に求められる財政規律の確立と真の財政健全化計画』
◆原因究明なくして対策なし 安全を最優先に!  鉄浩会会長 畑田 博さん
◆参議院議員選挙のご推薦とご支援のお礼
◆佐藤ひろお後援会旅行のご案内
◆ひろおの活動報告

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成16年新春号

謹賀新年
昨年4月の県議会議員選挙では、皆さまのご支援でトップ当選させていただき心より御礼申し上げます。総務文教委員、地方分権推進委員、広報委員に就任し、2期目の活動がスタートいたしました。
私が市議会議員時代の平成4年3月議会で提案した豊浦町・新発田市の合併が昨年ようやく実現し、加治川村と紫雲寺町との合併が進められています。自治分権の推進で、豊かで平和な分権社会の創造による新潟県・新発田市の発展のために力一杯がんばります。
皆々様のご多幸をお祈り申し上げますとともに、一層のご支援ご指導をお願いいたします。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

皆んなで
季節が少しずつずれながら訪れている様です。ある人はこれを異常気象と言い、また、自然にある気象変動に過ぎない と言う人もおられます。人事の及ばない天文の事象ですら様々な見方がなされます。まして人文の事柄にはおいておやです。自身の思い込みや、かってな都合で の解釈のみでは決して良い結果は得られないでしょう。
この300字程度のスペースを多くの会員の方々の意見や感想を述べる欄にしたらいかがでしょう。きっとより楽しい会報が出来上がることでしょう。
多くの方々の協力のもと、本会が益々発展していくことを願っています。
佐藤ひろお連合後援会長 西 鉄幹

平成16年新春号の主な内容
◆座談会『分権社会を目指し、旧「豊浦町」との都市づくりと一体化を進めよう!』
◆合併の成果を市民に!  旧豊浦町長 芹野 秀夫さん
◆新発田市と合併をして  市議会議員 伊藤 久さん
◆合併雑感  豊浦土地改良理事長 斉藤 久詰さん
◆茶碗洗いの名人 浩雄さんガンバレ!  戸石 正秀さん
◆ひろおの活動報告
◆お詫び

〈日本国憲法〉
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

平成15年新春号


新潟県観光振興のためにひろお県議が提案した、トキ号の名称変更実現

謹賀新年
皆さまのおかげで、県議会で四年間がんばって活動することができました。
昨年は、県立病院の機能強化・駅前移転、豊浦町との合併、新幹線トキ号への名称変更、佐々木駅の改築、白新線の電車の増発、西新発田駅へのジャスコの進出、臨海鉄道の存続など、手がけていた課題が大きく前進いたしました。さらに残された課題の実現に向けてがんばります。
また、北朝鮮の拉致事件は、国家権力による重大な犯罪であり、許すことは出来ません。一日も早い拉致被害者家族の帰国実現のために、人と人との信頼関係を基礎にした、自治体外交権の確立による、環日本海の平和の実現に全力を尽くします。
今年は県議会議員選挙の勝利に向けてがんばります。
皆さまのご多幸をお祈り申し上げますと共に、変わらぬご指導、ご支援を心よりお願い申し上げます。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

あけましておめでとうございます
スケープゴート、集団でしか行動できない弱い動物など、羊には何故か、犠牲者や、弱者のイメージが強くつきまとっ ている様です。が、緑の広々とした牧場で、互いに争うこともせず、のんびりと穏やかに牧草を喰みながら群れなしている様子は、この嫌な御時世を省りみると き、私達がまねなければならない姿の様にも思えます。心安らかに過したいものです。
よいお年をお過し下さい。
佐藤ひろお連合後援会長 西 鉄幹

平成15年新春号の主な内容
◆座談会『白新線の複線化・羽越新幹線の建設、上越新幹線の新潟空港乗り入れ!』
◆佐藤ひろおの4年間の歩み
◆参議院黒岩宇洋さんからの新年のご挨拶
◆憲法第9条はどのようにしてできたか
◆新潟県核燃料税条例改正Q&A
◆佐藤ひろお連合後援会事務所を移転しました

平成14年新春号


二王子山頂から大日山頂を望む

謹賀新年
昨年は平和と希望の二十一世紀にすることが全人類の願いでしたが、同時多発テロ事件が起こり、暴力と報復のエスカレートで世界へ戦争の危機が拡大する中で、自衛隊の海外派兵が強行され、平和が踏みにじられた歴史的な年でした。
しかも、小泉改革により淘汰と失業の嵐が吹きすさび、失業率が5.4%に上昇し、狂牛病が発生し、生活や病気の不安を訴える人が60%を越えました。
そんな中で、駅前へ県立新発田病院の移転が決まり、35万人の医療福祉拠点を核とした都市づくりが実現する可能性が出てきたのが唯一の明るいニュースでした。
今年こそ、「日本海を平和な海に」を目標に、安心して暮らせる新潟県、新発田市にするために頑張ります。
皆様のご多幸をお祈り申し上げますとともに、変わらぬご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

佐藤ひろお連合後援会長 西 鉄幹
改まった気分で迎えた二十一世紀幕明けの年、なんだかめちゃめちゃな年であった様に思えます。皆様はいかがでしたか。
自分の意見のみが正義であり、それに反するものは全て排除する。そんな気運が、日本中に満ちて来ているのでは。
日本帝国議会招集時の「万機公論に決すべし」を、今こそ思いうかべてもよいのではないでしょうか。
本年は、平和で穏やかな年になりますように。

平成14年新春号の主な内容
◆座談会『JR新発田駅前に県立新発田病院移転決定!』
◆新年明けましておめでとうございます
◆男女平等の視点での活動に期待する
◆アフガン難民の子どもを支援し、世界に平和を!
◆楽しかった後援会旅行

平成13年新春号


初雪の二王子山頂から飯豊連峰を望む

謹賀新年
希望に満ちた21世紀の新春をお迎えのことと存知ます。昨年は皆様から暖かいご支援をいただき心より御礼申しあげます。県議会では財政・経済金融問題、農 業問題、県立病院の移転建築問題、羽越ミニ新幹線問題、白新線の複線化、パークアンドライド等を中心に活動してまいりました。現在、「羽越本線新幹線直通 促進新潟地区期成同盟会」の設置、新西新発田駅の完成、通勤電車の増発が実現しています。環境、エネルギー、食糧問題や少子高齢化社会の到来など課題は多 くあります。
平和で一人一人が希望を持ち、安心して暮らせる社会を建設するために死力を尽くしてがんばります。
皆様のご多幸をお祈り申し上げますとともに、変わらぬご指導ご鞭撻をお願いいたします。
新潟県議会議員 佐藤ひろお

巳(み)年
明けまして、おめでとうございます。
21世紀の始まりの年。今世紀は、情報伝達技術の進歩で、普段の生活に革命的変化がもたらされる世紀だろうと言われています。
翻って、昔からの言い伝え「ミミズに小便をかけるとチンチンが腐る」とは本当だとご存知だと思います。古い情報も大切なものも多くあります。最新ばかりを追いかけず、新旧バランスのとれた世紀であってほしいものです。
新しい年を迎え、皆様の益々の御健闘と御健勝を祈念いたします。
平成13年元旦
佐藤ひろお連合後援会長 西  鉄幹

平成13年新春号の主な内容
◆座談会『羽越ミニ新幹線建設へ大きく前進』
◆座談会『新潟県農業・日本農業を守ろう!』
◆車道、歩道の段差は極めて危険!
◆楽しかった日光の旅160余名が参加!
◆後援会ゲートボール大会

次のページ →